スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近況。
埼玉在住のイラストレーター・
いとうはなえさんとの東京オフレポを読まれたい方は

コチラから☆

※現在6話まで更新しちょります。



... Read more ▼
去年だったか、ちょこっとオトンの体調がよくないことを書いたことがありましたが
ぺんこのオトン、八月の末から入院中なのです。

病名は肝細胞癌。


・・・先月の半ばごろから、あまり思わしくない状態です。

もともと、
20代で片方の肺の一部を切除、
健全に機能しているのは片方の肺だけ、風邪をこじらせると肺炎になりがち。
尿管結石でたびたび入院、
高血圧、
などなど、色々と病気がちな体質のうえ
今回の三ヶ月間のがん治療で
肝硬変、腎不全を起こしていて、
もう、オトンの体内も体力もかなり限界で、
いつ容態が急変してもおかしくはないので、覚悟してください
と、昨日担当の先生に言われました。

それから、延命治療についてどうするかは
ご家族で決断してくださいとも。


なんとなくは覚悟していたけど、
目の前で言われると、
途中から先生の声がとんでしまって、
目がうるんでくるのをこらえるのでせいいっぱいでした。


絵日記091206-1

絵日記091206-2

絵日記091206-3

絵日記091206-4

絵日記091206-5

ここで、まっすぐ家に帰れたらよかったんだけど
どうしても買っておかなきゃならないものもあり、
病院近くのスーパーへ。

絵日記091206-6

結局涙をおさえきれなくて、
半べそかきながら買い物。

家に帰っても、

絵日記091206-7

絵日記091206-8

オットが帰ってきても、
お風呂入る時間になっても
ずっとメエメエ泣いて


おかげさまで今日は別人になってます(爆。





はげみの応援クリック、
いつもありがとうごじゃります☆
↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ


※コメントのおへんじ遅れまくっててすみません・・・☆
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 絵日記
ジャンル : 日記

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
ぺんこさんお辛い状況なのですね。

病気の有る無しにかかわらず自分も家族も年を取って
いつかは覚悟しなくてはいけないことがあるのですよね。

今大切な家族がいることがとても愛しいありがたいことであること
この頃の我が身でも、しみじみ感じます。

どうぞ無理なさらず一番心に大切なことをなさってお過ごしくださいね。
No title
ぺんこさん、きっちりご飯たべてますか?
眠くなるのは、健康な証拠ですよ^^
ぺんこさんまで倒れちゃまずいですからねぇ…^^
 
遠い空の下からぺんこさんを想ってます。
おひさしぶりです。
そうなんですか・・・
せつないですね。。
お返事なんていいんです!
おとうさんと一緒に過ごせる時間、
たいせつにしてください。
みなさんありがとう(:_;)
病院でみなさんのコメント読ませていただきました。
あたたかい励ましの言葉をたくさん、ほんとにありがとごじゃいます。
先週の金曜からオカンと病院に泊まってオトンを見ていますが、朦朧としてたり、峠を越したり。まだまだ不安な状態がつづいてます。

それなのに夜中になるときっちり眠くなってまうぺんこに、あとすこし緊張感をくだしゃい(爆。
No title
 そうか...
おつらいんですね。私も今母が入院していますが、
3人の生活が二人になるだけで相当負担でした。
やはり「いなくなること」は頭から離れないです。
いつかこれが当たり前になるんだなと思うと...
心に病を持つモノとしてはしんどいです。

 でも越えていかないといけないんでしょうね...
No title
自分にもいつか来る道・・・なんだなぁ。

ぺんこさんがお父様にしてあげたい事、
ぺんこさんにしか出来ない事をしてあげてください。

脳は、泣く事で心の準備をさせるように思います。
なので、我慢せず存分に泣いてください。
No title
はじめまして、いつも読み逃げしてました。すみません。
この記事を読みコメントしようと思いました。
家の父親は先月他界したもので・・・ぺんこさんの辛いお気持ちがよくわかります。泣きたいときはたくさん泣いて、お父様に会うときは笑顔のぺんこさんでいてくださいね。少しでもお父様の体調が良くなりますようにお祈りしています。
No title
そうそう。
悲しいときはわんわん泣いていいんですよ。
いつか必ず迎えるであろう、親の老後とか死とか向き合う時期に
いっし~も来つつあって、とっても人事ではなく 読みました。
今のいっし~には何ていったらいいのかもわからず、
元気だして♪とも言えず・・・。
ホント、無理のないように、
心残りのないように、残された時をすごせますように・・・。
No title
ぺんこさん、無理しないで下さいね。
泣きたい時は泣きましょう。
涙をこらえてると、心が辛いって言ってることも忘れようとするから…
No title
お父様、頑張っておられるんですね。
限られたこの時間を、大切に過ごされてください。
泣きたいときは泣きましょう。
おうちで、旦那様のそばで、お風呂場で。
我慢しすぎてしまうと、心がパーンと破裂しちゃいます。
どうぞご無理なさいませんように・・・
お返事なんて気にしないで下さいね。
この記事を読んで思い出したのは、数年前に皮膚癌で亡くなった祖母のことです。年齢的なこと、認知症もあったり、心臓が弱かったりで手術も出来ず、やはり「いつどうなってもおかしくない」状態でした。
当時、私は夜勤のある仕事をしており「最期には立ち会えないかも」という覚悟はしていたつもりでした。
でも実際に、病院が遠くて、誰も立ち会えなかった時は、悲しくて、申し訳なくて…。人一倍寂しがりだったから…。

だから、ちょっぴりだけど、ぺんこさんの気持ち、わかります…。
とにかく、後悔のないように、思いきり、出来る限り、お父様のそばにいて、一分一秒でも大切に過ごして下さい。

…実は母も、昨秋から癌と闘ってます。大きな手術も何度かしたり、入院しての治療もしたのに、つい最近、新たな転移が見つかりました。これからまたどうなるかわかりませんが、後悔のないように、私も頑張りたいと思います。

優しいぺんこさん、お返事やブログの更新はいつまで良いので、
今しかできない、お父様との時間を優先して下さいね。
お母様も、心身共に疲れてらっしゃると思うので、そちらもお大事に。
そして、ぺんこさん自身も、お身体お大事になさって下さいね。

訳の分からない長文、失礼しました(汗)。お返事不要です。
うんうん。
私も高校卒業の時期に、父が脳梗塞で倒れて、
不安な日々を過ごしたので、分かるような気がします。
あのとき父が倒れたことで、進学を諦めるかどうか悩んで…。
諦めきれずに私が泣いていたら、母が様子を見に来てくれて、
母も父のことが心配で不安で、死んだらどうしようって泣き出して。
そのとき、殴られたような衝撃を受けたんです。
「大人も泣くんだなぁ」って、当たり前のことなんだけど、
子どもながらに、母の泣く姿というのはショックで…。
父がどうなるか不安だったろうけれど、弟たちや私の前では
そんな姿を見せずにがんばっていた母。
ぺんこさんが泣いてしまうのも分かります。

今、この時間を大事にしてくださいね。
コメントのお返事は、なくてもかまいませんから。
FC2カウンター
プロフィール

ぺんこ

Author:ぺんこ
地方に住むオクサマぺんぎん。
そろそろ更新再開しますぞよ。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
コメントありがとです。
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。