スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近況、その後。
12月10日。

前日までとうってかわって息遣いもかすかになり、
開いてるほうの片目の焦点も定まらなくなっていたオトン。

今夜あたりもつかどうかわかないと言われ、
鳴門にいるぺんこ姉の家族も駆けつけてくれ、
週末は総勢9人でオトンの無事をいのり続けました。

そのおかげか、
月曜には目の輝きも戻り、はっきりした声にはならないけど
意思表示のできる状態にまで回復しました。
尿の量も、少ないけれど排出できていました。

12月15日。
胸部、腹部の痛みを訴えるオトン。
尿の濃度もかなり濃く、量も一日で40ccしか排出出来なくなっていました。
酸素マスクも外そうとするので、目が離せない状態に。
オカンと交代で眠るも、なかなか気が休まらず。

12月16日。
前日の苦しそうな様子から一転、
穏やかな息遣いに。
先生から、再び「今週末あたり越せるかどうか…」と告げられたので、
翌日からの寒波を思うとすこし不安になったけど、
ちょっと体もこたえてきたので、この日はアパートに帰って眠りました。

12月17日。
朝から吹雪。

夕食用のおにぎりを作って病院へ。

絵日記091227-1

オカンの話では、10時ごろから急に
呼吸するだけで目も開けなくなったとのこと。
そしてときおり呼吸の間隔が空くことがある、とも。

そう言うオカンもあまり眠れてなかったみたいなので、
しばらく交代して仮眠してもらうことにしました。

先週のときもこの状態から回復したんだから、きっと大丈夫。

呼吸の間隔を注意して見ていると、
急に間が開き始めたのでオカンを起こし、先生を呼んでもらいました。

それから何回息をしたかわからないけど、

絵日記091227-2

絵日記091227-3


その吸った息が、吐き出されることはありませんでした。

15時26分、享年76歳。
死んだなんて思えないくらい、穏やかにすうっと動かなくなっていました。






19日が友引だったので、
20日が葬儀の日になりました。

翌朝が納棺の19日の夜、

絵日記091227-4

絵日記091227-5

絵日記091227-6

絵日記091227-7


頭では死んだってわかってるのに、もしかしたら息を吹き返すかもしれないと
このときまでうっすら期待していたのかもしれないです。
だけど、
おでこのあまりの冷たさに、
やっと、もう生き返ることはないと実感しました。



家電修理の仕事で手先も器用、
電化製品に限らず、何でもいじって直したり、作ったりするのが得意な人でした。
定年してからも、元おとくいさんのおばあさんをお墓に乗せて行ってあげたりする、優しい人でした。

娘ながら、ほんとに、誇りにおもいます。


ありがとう。



そして、暖かいはげましのコメントをくださったみなさん、
長いお休みのあいだ、ちらりとのぞいてくださってたみなさん、
ほんとにありがとうごじゃいました。

来年もこのブログはしつこく続けるのでよろしくおねがいします。.。゚+.(,,・ω・,,)ノ。+.゚
スポンサーサイト

テーマ : 絵日記
ジャンル : 日記

FC2カウンター
プロフィール

ぺんこ

Author:ぺんこ
地方に住むオクサマぺんぎん。
そろそろ更新再開しますぞよ。

カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
コメントありがとです。
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。